犯収法違反を疑われて逮捕された…北海道の刑事事件専門の弁護士に即相談

北海道士別市の犯収法違反事件について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務札幌支部の弁護士が解説します。

【事例】

~前回からの流れ~
北海道士別市で、銀行で口座を開設してそのキャッシュカードを売るというアルバイトをしたAさんは、犯収法違反の疑いで、北海道士別警察署逮捕されてしまいました。
Aさんの家族に相談・依頼された弁護士がAさんに接見したところ、Aさんは、「まさかこのような大事になるとは思わなかった。これからどうしたらいいのか」と、弁護士に今後の手続きや動きについて相談しました。
(フィクションです。)

【犯収法違反を疑われたら】

Aさんのような、キャッシュカードを他人に売ったというような犯収法違反事件において、「犯罪だと知らなかった」というのは通用しないと考えてよいでしょう。
それどころか、具体的な事案次第では、キャッシュカードを他人に売ったという当該犯収法違反事件だけでなく、そのキャッシュカードが組織的詐欺に利用されていた、というような思いもよらぬ重大事件に巻き込まれるおそれもあります。

だからこそ、もしもキャッシュカードを他人に譲渡してしまったら、犯収法違反を疑われてしまったら、一日でも早く弁護士に相談すべきです。
早い時期から弁護士に相談することで、犯収法違反事件の見通しや対応の方法を知ることができるだけでなく、さらに、犯収法違反以外に関わる可能性のある犯罪についての話も聞くことができます。
あらゆる対応・手続きについて詳細な話を聞くには、やはり専門家である弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部では、犯収法をはじめとする複雑な法律についても、刑事事件専門弁護士が丁寧にご説明いたします。
他人にキャッシュカードを売ってしまったら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部にご相談ください。
(ご予約・お問い合わせ:0120-631-881

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー