北海道厚岸郡の準強制性交等事件で逮捕・勾留 刑事弁護士の示談交渉

北海道厚岸郡の準強制性交等事件で逮捕・勾留 刑事弁護士の示談交渉

北海道厚岸郡に住むAさんは、自宅でVさんと酒を飲んだ際、酒に酔って熟睡したVさんを見て劣情を催しました。
そこで、寝ているから気づかないだろうと思い、Vさんと性行為を行いました。
翌朝、何事もなくVさんと別れたAさんでしたが、数日後に準強制性交等罪の疑いで厚岸警察署逮捕されました。
Aさんの両親から依頼を受けた弁護士は、すぐにVさんと示談交渉を開始しました。
(上記事例はフィクションです)

【準強制性交等罪について】

人が①心神喪失もしくは②抗拒不能の状態になっていることを利用し、または①②のような状態にして性交等を行った場合、準強制性交等罪に問われる可能性があります。
①はそもそも性交等に対して正常な判断のできない状態を、②は①以外の理由で物理的あるいは心理的に抵抗できない状態を指します。
「性交等」には、通常の性交に加え、肛門性交および口腔性交が含まれます。

上記事例では、Aさんが泥酔して熟睡しているVさんと性行為に及んでいます。
泥酔して熟睡している状態は上記②に当たる状態であるため、Aさんは準強制性交等罪に問われ、5年以上の懲役が科されるおそれがあります。

【逮捕・勾留中の示談交渉】

法定刑を見ても分かるように、準強制性交等罪は数ある犯罪の中でも重い部類に属します。
一般的に、重い罪を犯した場合は逮捕勾留中の身柄解放が難しく、身柄解放を目指すうえでは一刻も早く示談を行う必要があります。
ただし、準強制性交等罪という重大な事案となると、示談交渉が難航するのは常といってよいでしょう。

そのようなケースでは、やはり弁護士示談交渉を依頼することを強くおすすめします。
弁護士示談交渉を行えば、示談の内容が事件の蒸し返しを防ぐ適切なものとなるだけでなく、迅速な示談交渉による早期の身柄解放が期待できます。
一日でも早い身柄解放を実現するために、ぜひ弁護士示談を依頼しましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、準強制性交等罪をはじめとする性犯罪に強い弁護士が多数在籍しています。
示談交渉の経験も豊富な弁護士が所属しておりますので、準強制性交等罪の疑いで逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
北海道厚岸警察署 初回接見費用:0120-631-881にお問い合わせください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー