北海道千歳市の刑事事件 覚せい剤輸入事件の逮捕に弁護士の初回接見

北海道千歳市の覚せい剤輸入事件における初回接見いついて、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務札幌支部の弁護士が解説します。

【事例】

海外旅行をしていたAさんは、覚せい剤を日本で売ることを計画しました。
そこで、覚せい剤を懐に隠して帰国したところ、北海道千歳市にある新千歳空港にて、千歳税関支署の職員から精密検査を受けました。
それにより覚せい剤を所持していることが発覚したため、Aさんは覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)および税関法違反の疑いで逮捕されました。
Aさんが逮捕されて北海道千歳警察署にいることを知ったAさんの両親は、弁護士初回接見を依頼しました。
(上記事例はフィクションです)

【覚せい剤の輸入について】

日本において、規制薬物である覚せい剤の所持、譲渡、輸入などの行為は、覚せい剤取締法により禁止されています。
覚せい剤輸入罪は、覚せい剤に関する罪の中でも特に重い罰則が設けられています。
覚せい剤を日本に輸入した場合、1年以上の有期懲役が科される可能性があります。
更に、輸入の目的が日本での販売だったなら、営利目的の覚せい剤輸入罪として、法定刑が無期または3年以上の懲役となります。
加えて、事案の悪質性によっては、先ほど説明した懲役と併せて1000万円の罰金が科されるおそれもあります。

上記事例のAさんは、営利目的の覚せい剤輸入罪に当たると考えられます。
もしそうであれば、刑が非常に重いものとなることを覚悟しなければなりません。

【初回接見のメリット】

弁護士は、一般人が行う面会に設けられている種々の制約なくして、自由に被疑者・被告人と面会を行うことができます。
刑事事件における「接見」は、この弁護士による面会を指すことが比較的多いです。

弁護士が被疑者・被告人と行う最初の接見のことを、特に初回接見と呼びます。
初回接見において特筆すべきは、被疑者やその家族などが弁護士を選ぶきっかけとなる点です。
多くの者にとって、刑事事件というのは自らの人生を左右する大きな出来事です。
それだけに、初回接見を通じて、本当に信頼できると思った弁護士に事件を依頼することが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部弁護士は、刑事事件に関する豊富な知識と経験を武器に覚せい剤事件に取り組みます。
営利目的の覚せい剤輸入罪逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部に初回接見をご依頼ください。
北海道千歳警察署 初回接見費用:38,700円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー