北海道深川市の窃盗事件 万引きの再犯で執行猶予獲得の弁護士

北海道深川市の窃盗事件 万引きの再犯で執行猶予獲得の弁護士

Aさんは、北海道深川市のディスカウントショップで、食料品等を万引きした窃盗事件で、起訴されました。
Aさんは、窃盗罪での罰金前科2犯であることから、刑事裁判では懲役1年の実刑判決が求刑されましたが、Aさんに選任された弁護士は、求刑から引き下げて執行猶予付判決の獲得に成功しました。
(実話をもとにしたフィクションです。)

万引き再犯の量刑

窃盗事件の中でも万引き事件は比較的軽い処分が期待できますが、2回、3回と再犯を繰り返せば、刑事罰が厳しくなるのは当然で、Aさんのように前刑で罰金刑が言い渡されている場合は、懲役刑が言い渡される可能性が十分に考えられます。
実際にAさんは、検察官から懲役1年の実刑判決を求刑されていました。

万引き再犯の刑事弁護活動

まず万引き事件のような財産犯事件の弁護活動では、被害者への被害弁償、示談が最も効果的であるため、Aさんの刑事弁護を担当した弁護士は、被害店舗に赴き、示談交渉を繰り返し、起訴後になってしまいましたが、被害の弁償と示談の締結に成功しました。
もし起訴までに、この様な示談等が成功していれば、不起訴処分の可能性もあったでしょう。

また、Aさんは、弁護士の勧めで反省文を作成すると共に、再犯防止のために、精神科で診察を受けると共に、専門家のカウンセリングを受けました。
更に、それまで無職だったAさんは、この万引き事件を機に就職活動を開始し、アルバイト雇用ではあるものの仕事に就きました。
Aさんのようなこうした活動は、自分が起こした万引き事件を反省しているのは当然のこと、再犯防止のための取り組みを積極的に行っていると、刑事裁判では高く評価され、少しでも軽い刑事罰に期待ができます。

万引き再犯事件であったとしても、弁護士とともに再犯防止に向けた様々な活動を行い、それを裁判所に理解してもらうことで執行猶予付判決を獲得したり、量刑が軽くなったりすることが期待できます。
北海道窃盗事件でお困りの方、万引き再犯事件の刑事裁判で、求刑から引き下げて執行猶予付判決の獲得を希望される方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の窃盗事件に強い弁護士にご相談ください。
北海道深川警察署までの初回接見費用:46,600円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-4 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー