北海道小樽市の刑事事件 恐喝罪を犯して示談するなら弁護士にお任せ!

北海道小樽市の刑事事件 恐喝罪を犯して示談するなら弁護士にお任せ!

Aさんは、北海道小樽市内の路上を歩いていたVさんに声を掛け、Vさんの腹部を殴るなどして1万円を喝取しました。
数日後、Vさんから被害届を受理した北海道小樽警察署は、恐喝罪の疑いを抱いてAさんの取調べをすることにしました。
取調べの際、Aさんは警察官から被害者との示談を勧められたため、弁護士示談を依頼することにしました。
(上記事例はフィクションです)

【恐喝罪について】

暴行または脅迫を手段として、他人から金銭を脅し取った場合、恐喝罪が成立する可能性があります。
恐喝罪における暴行および脅迫は、相手方の反抗を抑圧するに至らない程度のものとされています。

もし相手方の反抗を抑圧する程度の暴行または脅迫が加えられたとなると、恐喝罪ではなく強盗罪が成立することになります。
いずれが成立するかは事案によりますが、凶器を使用しておらず、なおかつ暴行または脅迫がさほど執拗でなければ、強盗罪ではなく恐喝罪とされる傾向にあります。
上記事例のAさんは、腹部を殴るなどの暴行を加え、Vさんから1万円を喝取しています。
このような行為は恐喝罪に当たると考えられ、Aさんは10年以下の懲役が科されるおそれがあります。

【弁護士による示談のメリット】

恐喝事件においては、軽い処分を目指すうえで被害者との示談が重要になってきます。
ただ、事件の当事者のみで示談を行うとなると、そもそも被害者が接触を拒む、過度な要求を呑んでしまう、あとあと事件が蒸し返されるなど、様々なリスクが伴います。

もし示談を行うのであれば、示談交渉の経験を有する弁護士に全て任せてしまうのが得策です。
弁護士による示談は、お互いの物理的・心理的負担を軽減できたり、適切な内容の示談を合意できたりと様々なメリットがあります。
上手く示談が締結できれば、不起訴となって裁判の負担や前科による不利益を回避することも可能となります。
少しでも示談締結の可能性を高めるなら、ぜひ弁護士示談交渉を依頼しましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件の経験豊富な弁護士が、確かなノウハウに基づき適切かつ円滑な示談交渉を行います。
恐喝罪の疑いをもたれたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
北海道小樽警察署 初回接見費用:38,800円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー