交通事故を起こしたら

救護義務

交通事故があったときは、その交通事故の当事者の車両の運転手や乗務員は、直ちに車両の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止するなど必要な措置を講じなければなりません(道路交通法72条1項前段)。

負傷した相手の車の乗員を車外に出したり、事故のあった車両を道端に退けたりすることが求められます。

 

報告義務

交通事故を起こしてしまった場合、たとえ、相手に外傷が全くなく、車も無傷であるようであっても、そのまま立ち去ってはいけません。

交通事故を起こした車両の運転者や乗務員は、警察官が現場にいるときは警察官に、警察官が現場にないときは直ちに最寄りの警察署の警察官に、交通事故が発生した日時及び場所、その交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊した程度、その交通事故を起こした車両の積載物、その交通事故について講じた措置を報告しなければならないとされています(道路交通法72条1項後段)。

なお、自分が事故を起こした原因や自分の運転ミスすなわち過失などまで報告する必要はないとされています。そのため、不利益事項の供述の強制ではなく、憲法に反しないとされています。

 

義務違反の場合の制裁

救護義務違反、報告義務違反はいわゆる「ひき逃げ」や「当て逃げ」に当たります。

交通事故を起こした車両の運転者が、死傷があった場合で救護義務を果たしていなかった場合、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます(道路交通法117条1項)。この死傷が運転者の運転に起因するものであるときは、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処されます(道路交通法117条2項)。

人の死傷がなくとも救護義務、報告義務を果たさなかった運転者は1年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処されます(117条の5第1号)。

~詳しくは ひき逃げ・当て逃げ へ~

 

現場で「示談」しない

一般に示談が結ばれていれば起訴されない可能性が高まりますし、後日民事訴訟で訴えられることもなくなります。そのため、一刻も早く示談をしようとしがちです。交通事故の現場で被害者に謝って話し合えばそれで終わりと考えるかもしれません。

~詳しくは 示談で解決したい へ~

しかし、口約束だけでは示談をしたという証拠がありません。また、後日に事故のときには感じなかった痛みが顕在化する可能性があります。示談の有無などをめぐって改めて争いとなる場合があります。

交通事故を起こしてしまった場合は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部にご相談ください。交通事故の示談の経験も豊富な弁護士が損害結果や後遺症なども含めて被害者と交渉し、迅速かつ適切に示談を成立させます。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー