北海道紋別市の刑事事件 脅迫罪で逮捕されるも弁護士が勾留を阻止し釈放

北海道紋別市の刑事事件 脅迫罪で逮捕されるも弁護士が勾留を阻止し釈放

北海道紋別市在住のAさんは、同市内に住む知人であるVさんのブログに、Vさんを監視している旨のコメントを数百件書き込みました。
Vさんが北海道紋別警察署被害届を出したことがきっかけとなり、Aさんは脅迫罪の疑いで逮捕されました。
Aさんの両親に事件を依頼された弁護士は、Vさんの勾留を阻止して釈放を狙うことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【脅迫罪について】

本人またはその親族の身体、自由、財産などに害を加える旨を告知して人を脅迫した場合、脅迫罪が成立する可能性があります。
脅迫罪が成立するためには、「脅迫」が様々な事情から人を畏怖させるに足りる程度のものだと判断される必要があります。

上記事例では、AさんがVさんのブログにおいて、Vさんを監視している旨のコメントを数百件書き込んでいます。
このような行為は、Vさんの行動の自由を脅かすような内容と評価でき、客観的に見て人を畏怖させるに足りる程度のものと考えられるでしょう。
そうであれば、Aさんには脅迫罪が成立し、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科されるおそれがあります。

【勾留阻止による釈放の可能性】

被疑者として逮捕されると、その後①勾留請求、②勾留決定(必要に応じて勾留延長)、③起訴というように身柄拘束の段階を踏んでいくことになります。
被疑者の釈放を目指す弁護士としては、各段階において適切な身柄解放活動を行っていくことになります。

仮に上記①②を経た場合、基本的には10日間(延長されれば最長20日間)身体を拘束されることが決定してしまいます。
そこで、脅迫罪を含む比較的軽微な犯罪のケースでは、特に勾留阻止による短期釈放を狙うことが考えられます。
勾留阻止ができれば、被疑者が拘束される期間は逮捕から勾留請求までの最長3日となるので、釈放を狙うならまずは弁護士勾留阻止を依頼してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、逮捕されている方を一日でも早く釈放すべく、刑事事件専門弁護士が充実した弁護活動を行います。
ご家族などが脅迫罪の疑いで逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
北海道紋別警察署 初回接見費用:0120-631-881にお問い合わせください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー