北海道日高郡の刑事事件 強要罪で被害届…示談で不起訴獲得の弁護士

北海道日高郡の刑事事件 強要罪で被害届…示談で不起訴獲得の弁護士

北海道日高郡内に本社を置くX株式会社に勤務するAさんは、直属の部下であるVさんが商談に失敗したことに激怒し、Vさんに頭髪を坊主にするよう迫りました。
その際、Aさんは解雇をほのめかしたため、Vさんは仕方なくAさんの要求どおり坊主にしました。
数日後、その件でVさんが北海道静内警察署被害届を出したことから、Aさんは慌てて弁護士に相談しました。
相談を受けた弁護士は、強要罪に当たる可能性があると考え、示談による被害届の取り下げを目指すことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【強要罪について】

身体、名誉、財産などに対する脅迫または暴行を手段として、人に義務のないことを行わせた場合、強要罪に当たる可能性があります。
強要罪の法定刑は3年以下の懲役となっており、法定刑が2年以下の懲役または30万円以下の罰金である脅迫罪に比べて、より重い罪と言えます。
上記事例では、Aさんが解雇をほのめかしてVさんの頭髪を坊主にさせています。
そのため、Aさんは脅迫によってVさんに義務のないことを負わせていると言え、強要罪が成立する可能性があります。

【被害届取り下げと示談交渉】

犯罪の被害者から警察に対して被害届が出されると、警察は刑事事件として捜査を開始することになります。
被害届は被害にあったことを申告するものであり、刑事事件の捜査や処分に少なからず影響を及ぼします。

被害届は、一度出せば取り下げができないというわけではありません。
実際、示談の成立などにより取り下げられるケースはよく見られます。
被害届の有無は検察官による起訴不起訴の決定にも関わるため、示談交渉において被害届の取り下げを求めるのは有益です。
ただし、そうした示談の合意を上手く示談書に落とし込むのは簡単ではありません。
のちに事件が蒸し返されるのを防ぐためには、法律知識のある専門家である弁護士に示談交渉を任せることをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、強要罪を含む様々な犯罪に詳しい弁護士示談交渉に当たります。
強要罪を疑われて被害届を出されたら、示談交渉を含めて弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
北海道静内警察署 初回接見費用:0120-631-881にてご案内いたします)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー