北海道の刑事事件 公務執行妨害事件の逮捕には弁護士の初回接見

北海道の刑事事件 公務執行妨害事件の逮捕には弁護士の初回接見

Aさんは北海道旭川市内でVさんと喧嘩沙汰になり、暴行を加えました。
目撃者の通報により北海道旭川中央警察署の警察官が駆け付けたところ、Aさんは警察官に対して「てめえは関係ねえだろ」と言って警察官にも暴行を加えました。
この行為により、Aさんは公務執行妨害罪逮捕されたため、弁護士初回接見を行うことになりました。
(上記事例はフィクションです)

【警察官に対して公務執行妨害罪を犯してしまったら】

警察官が職務を行っているときに暴行を加えれば、公務執行妨害罪となります。
警察官に対する公務執行妨害罪は、警察官が犯行を実際に目撃していることから現行犯逮捕される可能性が極めて高いです。
更に、他の犯罪に加えて公務執行妨害行為もしたとなれば、当然ながら処分は重くなります。
その場合でも、弁護士が被疑者にとって有利な事情を主張することで処分を軽くする余地はあります。
公務執行妨害罪を含む複数の罪を犯したからといって諦めたりせず、一度は弁護士に相談してみることをおすすめします。

【初回接見の重要性】

弁護士は、警察署などに留置されている被疑者と直接会って事件に関する話を聞いたり法的なアドバイスをしたりすることができます。
この弁護士による面会のことを接見と呼び、初回接見弁護士と話す最初の機会として特に重要視されています。

被疑者には、取調べに対する黙秘権や調書への署名押印拒否権といった権利が保障されていますが、法律の素人が実際にこれらの権利を適切に行使するのは困難が伴います。
初回接見の重要な意義は、そうした状況を打破すべく、法律の専門家である弁護士から適切な助言を得ることができる点にあります

また、初回接見により具体的な事件の内容を踏まえたうえでの今後の見通しを聞くこともできます。
被疑者にとっては、自分がいつまで拘束されるのか分からず不安になるかと思いますが、初回接見によりその不安を解消できます。

逮捕されてしまったら一刻も早く初回接見を依頼することが被疑者にとって最大の利益となるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、これまで初回接見で多くの方々に適切な取調べ対応をお伝えしてまいりました。
ご家族が公務執行妨害罪逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
北海道旭川中央警察署 初回接見費用:0120-631-881までお問い合わせください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-4 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー