北海道名寄市の少年事件 子どもの喧嘩で傷害罪に 弁護士の無料相談

北海道名寄市の少年事件 子どもの喧嘩で傷害罪に 弁護士の無料相談

中学2年生のAさん(14歳)は、北海道名寄市にある土手で同級生のVさんと喧嘩をしました。
そのことを知ったAさんの母でしたが、子どもの喧嘩だからと深くは追及しませんでした。
その数日後、Aさんの母は、Aさんとの喧嘩によりVさんの骨にひびが入ったこと、Vさんの両親が傷害事件として北海道名寄警察署に被害届を出したことを知りました。
驚いたAさんの母は、弁護士に今後の対応を聞くことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【子どもの喧嘩でも傷害罪に】

子どもの喧嘩だから警察沙汰になるほどではない、と軽く考えていると、上記事例のように思わぬトラブルに発展するかもしれません。
子どもの喧嘩の際に成立しやすい犯罪としては、やはり傷害罪が挙げられます。
傷害罪は、人に対して傷害を負わせた(生理的機能を侵害した)場合に成立します。
子どもの喧嘩で言うと、あざができる、鼻血が出る、骨が折れるといった怪我が傷害に当たる可能性があります。
当事者間で話が終わればそれで済むでしょうが、被害届の提出などにより警察が介入するとなるとそうはいきません。
「子どもの喧嘩に過ぎないから」と軽視せず、弁護士に相談することをおすすめします。

【少年事件の流れと対応】

少年事件の存在が捜査機関に発覚すると、まずは成人と同様取調べが行われることになります。
そして、捜査が終了すると、事件は家庭裁判所に送致され、今回の非行事実や少年の素行・経歴に関する調査が行われます。
調査を経て少年審判に付するのが相当とされた場合、審判が行われて少年の処遇(保護観察や少年院送致など)が決定されることになります。

少年事件において大切なのは、いかにして少年の健全な育成を図るかという視点です。
少年の健全な育成を目指すうえでは、少年の性格の矯正、家庭環境の改善、人間関係の整理など、多方面にわたる配慮が欠かせません。
弁護士は少年事件における重要な要素を把握しているため、少年事件で最良の結果を目指すなら弁護士に依頼すべきです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年の傷害事件を依頼するのに最適な刑事事件・少年事件専門弁護士が揃っています。
子どもの喧嘩傷害罪を疑われたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回の法律相談は無料です)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー