北海道枝幸郡の刑事事件 弁護士の示談で痴漢事件の不起訴を目指す

北海道枝幸郡の刑事事件 弁護士の示談で痴漢事件の不起訴を目指す

Aさんは、北海道枝幸郡内を走るバスの車内で、隣に座った女子中学生Vさんに対し、「かわいいね」などと言いながら太ももを撫でました。
その様子を運転手が目撃し、北海道枝幸警察署に通報したことから、Aさんは北海道迷惑行為防止条例違反の疑いで取調べを受けました。
Aさんから「裁判沙汰は避けたい。不起訴にできないか」と相談を受けた弁護士は、早速Vさんの両親と示談交渉に及ぶことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【バスの中で起こる痴漢】

痴漢とは、他人に性的な嫌がらせをする者、またはその嫌がらせ自体を指す言葉です。
上記事例のAさんの行為は痴漢と言え、北海道迷惑防止条例違反として6か月以下の懲役または50万円以下の罰金(常習なら1年以下の懲役または100万円以下の罰金)が科される可能性があります。
更に、痴漢行為の悪質性や周辺状況によっては、強制わいせつ罪として6か月以上10年以下の懲役が科されるおそれも出てきます。

痴漢がよく起こる場所として挙げられるのはやはり電車ですが、バスも痴漢が比較的起きやすい場所です。
特に、座席に座っている乗客同士については、密着に近い状態であるため痴漢がより行われやすいと考えられます。
具体的な状況次第では被害者の抵抗を封じたと捉えられ、強制わいせつ罪と判断されてしまう可能性が高まるかもしれません。

【痴漢事件を不起訴にしたい】

痴漢が発覚した場合、多くの人の頭には法廷に立つ自身の姿がよぎるかもしれません。
ですが、たとえ痴漢をしてしまったとしても、示談成立等の事情により不起訴となればそれが現実化することはなくなります。
ただ、示談の相手が痴漢の被害者(またはその両親)となると、示談交渉も一筋縄ではいきません。
不起訴の可能性を少しでも高めたいのであれば、やはり弁護士に示談交渉を依頼するのが適切です。
独力で示談交渉をして取り返しがつかなくなる前に、まずは弁護士に相談してみるのがよいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、これまで刑事事件のプロとして数多くの痴漢事件示談を行ってまいりました。
痴漢をしてしまい不起訴を目指すなら、示談交渉を含めて弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご依頼ください。
北海道枝幸警察署 初回接見費用:0120-631-881にお電話ください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー