北海道沙流郡対応の刑事事件に強い弁護士 暴行事件の示談で前科回避

北海道沙流郡の暴行事件における示談について、弁護士法人あいち刑事総合法律事務札幌支部の弁護士が解説します。

【事例】

Aさんは、北海道沙流郡で行われていた飲み会で同席していた初対面のVさんと、些細なきっかけで取っ組み合いの喧嘩になりました。
周囲の人々が止めに入ったため、いったんその場は収まりましたが、後日AさんはVさんに「暴行で北海道門別警察署に被害届を出した」と言われました。
Aさんは、今回の暴行事件で前科がついてしまうのではないかと心配になりました。
Aさんに事件を依頼された弁護士はすぐに示談をしたため、Aさんは不起訴処分となり、前科回避ができました。
(上記事例はフィクションです)

【暴行事件において成立する可能性のある犯罪】

他人に対して暴行を加える暴行事件は日常的に起こりうる刑事事件の一つと言えます。
暴行を振るった時点で暴行罪が成立するほか、相手が怪我をすれば傷害罪、更に殺意が認められれば殺人未遂罪が成立するおそれもあります。
怪我がなければ暴行罪にとどまりますが、医師の診断などにより事後的に傷害の存在が発覚すれば傷害罪や殺人未遂罪に問われかねません。
以上のことから暴行事件は決して油断がならないと言えます。

【示談による前科の回避】

犯罪を起こすとその事実が前科として捜査機関の記録に残ることになります。
罰金の支払いも前科に含まれますが、ここで言う「罰金」は刑事事件において有罪となった場合に科される刑罰としての罰金です。
道路交通法違反などの際に行う反則金は、刑事罰としての「罰金」とは異なるため前科になりません。

暴行罪の法定刑は、①2年以下の懲役もしくは②30万円以下の罰金または③拘留もしくは④科料です。
暴行の程度など具体的な状況によっては、懲役または罰金という比較的重い刑が科されたうえ前科という不名誉な事実が残ってしまいます。
暴行罪前科がつくのを回避するためには、弁護士示談などの弁護活動を依頼して不起訴処分を目指すのが得策です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部では、これまで前科を回避したいという相談を数多く受けてまいりました。
刑事事件のプロとして、依頼者様のご期待に沿えるよう充実した弁護活動の提供をお約束いたします。
暴行罪前科がつくのを回避したいとお考えになったら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部にご相談ください。
(ご来所いただいての初回の法律相談は無料です)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー