北海道日高郡で振り込め詐欺事件で逮捕 出し子の故意を争う弁護活動

北海道日高郡で振り込め詐欺事件で逮捕 出し子の故意を争う弁護活動

北海道日高郡に住むAさんは、友人のBさんから「おいしいバイトがある」と持ち掛けられたためその誘いに乗ることにしました。
バイトの内容は、Bさんから受け取ったキャッシュカードを使って現金を下ろし、その現金をCさんに渡すというものでした。
Aさんは何度かそのバイトをしたところ、ある日突然北海道静内警察署の警察官に窃盗罪で逮捕されました。
(上記事例はフィクションです)

【振り込め詐欺における役割分担】

近年、相手方を言葉巧みに誘導して指定の預金口座に金銭を振り込ませる「振り込め詐欺」と呼ばれる詐欺罪の類型が横行しています。
振り込め詐欺では、電話を掛けて相手方を欺く「掛け子」や、指定口座からお金を引き出す「出し子」といった役割が存在します。
口座からお金を引き出すのではなく相手方から直接お金を受け取る場合は出し子ではなく「受け子」となります。
出し子は、単にお金を引き出しているに過ぎませんが、巧妙かつ悪質な詐欺に加担していることから重い刑事責任を科されるのが現状です。
成立する可能性のある犯罪としては、詐欺罪のほかに窃盗罪も挙げられます。
正当な権限がないにもかかわらず、銀行等の口座から自分の手元にお金を移転させているため、銀行に対する窃盗罪に問われるのです。

【いつの間にか詐欺罪や窃盗罪に加担してしまっていたら】

振り込め詐欺においては、指示どおり動いただけで自らが詐欺に加担しているとは思っていなかった、というケースがしばしばあります。
たとえ真実はそうであっても、捜査機関は刑事責任を追及するべく捜査を行うため、詐欺罪や窃盗罪で逮捕される可能性は十分あります。

詐欺に加担している意識が全くなかったのであれば、犯罪の故意がないと弁護士が主張することで、不起訴や無罪になる余地はあります。
ただ、詐欺罪や窃盗罪に限らず、犯罪の故意を争うのは、相当の弁護技術を要します。
故意がないことを主張して不起訴や無罪を狙うのであれば、刑事事件に精通した弁護士に相談・依頼するのが重要と言えるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門弁護士があらゆる角度から刑事事件を検討いたします。
そのため、振り込め詐欺のような複雑な事案においても、安心してご相談いただけます。
ご家族が詐欺罪逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
初回接見無料法律相談のご予約:0120-631-881までご相談ください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー