北海道士別市の刑事事件に強い弁護士 強制わいせつ罪と強制性交等罪を相談

北海道士別市の刑事事件に強い弁護士 強制わいせつ罪と強制性交等罪を相談

Aさんは、北海道士別市にある知人女性のVさん宅で、Vさんに対して無理やりわいせつな行為をしました。
Vさんが北海道士別警察署に、「強姦された」として被害届を提出したため、Aさんは強制性交等罪の疑いで逮捕されました。
しかし、Aさんの弁護士は、Aさんから性交等がなかった事実や、Aさんとしては性交等までは行おうとしていなかったことを聞いて強制性交等罪の成立を争うことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【性犯罪の捜査活動】

強制わいせつ罪を含む性犯罪は、犯行の手がかりが被害者しか存在しない場合も多いです。
そのため、捜査機関は被害届などの被害者の申告に基づき、申告どおりの事実があったとして捜査を進めていきます。
上記事例もその例に漏れず、北海道士別警察署は、Vさんの被害届に基づき、強制性交等罪の疑いでAさんを逮捕しています。
もしこのまま捜査が進めば、Aさんの主張によればその行為は強制わいせつ罪に該当すべきところ、より重い強制性交等罪で罰せられてしまう可能性も否定できません。

【強制わいせつ罪なのに強制性交等罪の疑いをかけられたら】

被害者と異なる主張をするのであれば、上記事例のAさんが、取調べで「触ったりするだけのつもりで性交等までするつもりはなかったし、実際に性交等の事実はない」と言っても、あっさりそれが認められる可能性は低いでしょう。
そこで、強制わいせつ罪が成立するに過ぎないと主張するような場合、弁護士の存在が必要となってくるのです。
弁護士であれば、事案に合わせて、強制性交等罪が成立しないことを根拠づける適切な主張を展開することができます。

それに加え、弁護士を間に挟むことで、被害者との示談交渉を行い、不起訴の獲得を目指すことも考えられます。
個々の事案に応じて柔軟に対応し、被疑者や被告人にとって最も利益の大きい手段を選べるのが弁護士の強みと言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、これまで強制わいせつ罪強制性交等罪を含む性犯罪に関する依頼を数多く受けてまいりました。
ご家族が逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
刑事事件に強い弁護士による、迅速かつ適切な弁護活動の提供をお約束いたします。
北海道士別警察署 初回接見費用:お電話にてお問い合わせください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-4 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー