北海道池田町の刑事事件も初回接見 傷害罪で逮捕されたらすぐ弁護士へ

北海道池田町の刑事事件も初回接見 傷害罪で逮捕されたらすぐ弁護士へ

Aさんが北海道池田町内の路上を歩いていたところ、前から歩いてきたVさんに睨まれた気がして口論になりました。
VさんがAさんを挑発してきたため、Aさんは手拳でVさんの腹部を殴打し、倒れたVさんを複数回足蹴にしました。
北海道池田警察署の警察官がその様子を目撃し、Aさんを傷害罪の疑いで現行犯逮捕しました。
Aさんが北海道池田警察署に連れて行かれたことを知ったAさんの母は、弁護士初回接見を依頼し事件の内容を聞くことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【傷害罪における「傷害」の例】

他人に傷害を負わせると傷害罪が成立し、15年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。
傷害罪における「傷害」とは、人の生理的機能の侵害を指します。
例えば、出血、打撲、骨折、失神といったものが「傷害」に当たり、このような状態を引き起こせば傷害罪が成立することになります。
なお、医師の診断などによって初めて傷害の存在が発覚した場合、捜査上の罪名が暴行罪から傷害罪に切り替わることもあります。
最悪の場合、傷害罪から傷害致死罪へ発展する可能性がありますから、その点については注意しておく必要があります。

【接見による事件の把握】

弁護士による接見が持つ大きなメリットの一つとして、被疑者本人から事件の内容を詳細に聞くことができる点が挙げられます。
勾留後であれば家族も被疑者と面会できますが、その場合でも事件に関する話をすることはできません。
更に、上記事例のように現行犯逮捕がなされると、周囲の方が何も知らないまま被疑者が警察署に留置されます。
そうしたケースで早期に事件を把握するためには、弁護士接見が必要不可欠と言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、最短即日対応初回接見サービスを行っております。
接見のご依頼をいただいてから素早い対応を行えるのが、刑事事件専門である弊所の強みの一つです。
傷害罪についてはこれまで数多くのご依頼をいただいており、満足度の高い弁護活動を提供しております。
傷害罪逮捕され接見をご所望であれば、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
北海道池田警察署 初回接見費用:0120-631-881にてご案内いたします)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー