北海道札幌市東区の刑事事件 児童買春をして逮捕が不安なら弁護士に相談

北海道札幌市東区の児童買春事件について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務札幌支部の弁護士が解説します。

【事例】

Aさんは、SNS上で中学生3年生のVさんとやりとりをし、1万円払うことを条件に性交渉の約束をしました。
そして、Aさんは予定どおりVさんと合流し、北海道札幌市東区内のホテルで性行為に及びました。
その数日後、Aさんは児童買春の被疑者が逮捕されたというニュースを目にしました。
自身も逮捕されるのではないかと不安に感じたAさんは、怖くなって弁護士に相談することにしました。
(上記事例はフィクションです)

【児童買春について】

児童買春とは、対償を供与し、またはその供与の約束をして、児童(18歳未満の者)に対し、性交等(性交、口淫、性器を触るなど)をすることを指します。
対償の供与またはその約束の相手方は、児童本人のほか、児童買春の周旋(仲介)をする者や、児童の保護者および児童を支配下に置いている者も含まれます。

上記事例では、1万円を支払うことを条件として、AさんがVさんと性行為に及んでいます。
このAさんの行為は児童買春に当たると考えられ、5年以下の懲役または300万円以下の罰金が科されるおそれがあります。
類似の行為である淫行の法定刑が2年以下の懲役または100万円以下の罰金であることからすれば、対価を払う点で児童買春が重く見られていることがよく分かるかと思います。

【児童買春をした場合の逮捕のリスク】

一般的に、児童買春をしたとして逮捕される可能性は高いと言えます。
発覚の経緯としては、児童買春の相手方となった児童の補導や、児童の保護者による通報などが挙げられるでしょう。
仮に児童買春の証拠がSNSなどに残っているとなると、それを疎明資料として捜査機関が逮捕状を取得し、逮捕に至ることも十分ありえます。

もし児童買春をしてしまったら、逮捕の前に弁護士に相談しておくことをおすすめします。
適切な対応のしかたや事件の流れなどを事前に聞いておけば、逮捕された際の心持ちは違ってくるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部では、児童買春に強い刑事事件専門弁護士が、児童買春をしてしまった方の疑問に真摯にお答えします。
児童買春をしてしまい逮捕が不安なら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部にご相談ください。
北海道東警察署 初回接見費用:34,700円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー