北海道夕張市の刑事事件 還付金詐欺事件の逮捕が不安なら弁護士へ

北海道夕張市の還付金詐欺事件について、弁護士法人あいち刑事総合法律事務札幌支部の弁護士が解説します。

【事例】

Aさんは北海道夕張市の職員を装い、Vさんに対して「介護保険料の払戻金がある」と伝えてATMの前に行くよう促しました。
Vさんは、Aさんに言われるがままATMを操作し、Aさんがあらかじめ準備しておいた口座に約30万円を振り込みました。
その後、Aさんは、還付金詐欺をはじめとする振り込め詐欺に重い処罰が下ることを知り、自分は逮捕されてしまうのではないかと思い、刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(上記事例はフィクションです)

【詐欺罪について】

詐欺罪の法定刑は、10年以下の懲役で、未遂も詐欺未遂罪として処罰されます。
詐欺罪は、①他人を欺く行為によって、②相手方が誤信した状態(錯誤と言います)に陥り、③錯誤に基づいて財物や財産上の利益を交付すると成立します。

上記事例では、AさんはVさんに対して、還付金があると偽っています。
その言葉に騙されたVさんは、Aさんの指示に従い自身の口座から30万円の送金を行っています。
これにより、Aさんが口座から自由に30万円を引き出せる状態に至っていることから、Aさんには詐欺罪が成立することになります。

【還付金詐欺とその犯情】

上記事例でAさんが行った還付金詐欺とは、払戻金や過払い金といった還付金があると偽り、その受取りの手続に見せ掛けてお金を振り込ませる詐欺の手口の一つです。
お金を貰うことができると偽る点で、還付金詐欺は、従来社会問題となっていたオレオレ詐欺とは大きく異なります。

還付金詐欺は、一定の計画の下に巧妙な手口で行われる詐欺の類型です。
そのため、詐欺罪に当たる行為としては犯情が重く、処分を決めるうえで被疑者・被告人にとって不利な事情となります。
弁護士としては、被疑者・被告人の反省や、被害弁償等を主張し、執行猶予や減刑等、寛大な処分を求めていくことになるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部では、詐欺の様々な手口について深い見識を備えた弁護士が揃っています。
詐欺罪についてご相談いただければ、具体的な事案に即した適切な対応をお伝えすることができます。
詐欺罪でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部にご相談ください。
初回の法律相談:無料
北海道栗山警察署夕張庁舎までの初回接見費用:0120-631-881までお問い合わせください

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー