札幌市豊平区の性犯罪で逮捕が不安なら…刑事事件に特化した弁護士

札幌市豊平区の性犯罪で逮捕が不安なら…刑事事件に特化した弁護士

会社員Aは、札幌市豊平区のバーでナンパした女性を帰宅途中に路地に連れ込み、女性の服の中に手を入れて胸を触る等の、わいせつな行為をしました。
最初、女性が嫌がるそぶりを見せなかったことから行為に及んだAですが、途中から女性が嫌がったのでAは行為をやめて、その場から立ち去りました。
後日、その現場に防犯カメラが設置されていることを知ったAは、女性が北海道豊平警察署に被害を届け出たら逮捕されるのではないかと不安になりました。
Aは、札幌市刑事事件に特化した弁護士を探し、法律相談することにしました。
(フィクションです)

~Aに科せられる可能性のある刑事罰~

1.強制わいせつ罪【刑法第176条】
暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をすれば強制わいせつ罪となります。
(13歳未満に対しては暴行又は脅迫を用いていなくても、わいせつな行為をするだけで成立します。)
強制わいせつ罪の法定刑は「6月以上10年以下の懲役」と厳しいものです。

2.準強制わいせつ罪【刑法第178条第1項】
人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせてわいせつな行為をすれば、準強制わいせつ罪に当たります。
ナンパした女性がどの程度酔払っていたのかによりますが、もしAが泥酔した女性を路地に連れ込んでわいせつ行為に及んでいた場合は、準強制わいせつ罪となる可能性があります。
準強制わいせつ罪の法定刑は強制わいせつ罪と同じです。

Aの行為に適用される可能性が高い法律はこの二つですが、他にも(準)強制性交等未遂罪や、迷惑防止条例違反が適用される可能性があります。
昨年、性犯罪を中心に刑法の一部が改正されたことが影響してか、最近、警察は性犯罪に対して厳正に対処している傾向があります。
もし女性が警察に被害を届け出れば逮捕されるリスクは非常に高いので、このような性犯罪に心当たりのある方は、事前に刑事事件に特化した弁護士に相談することをお勧めします。
札幌市性犯罪に関わってしまった方、警察に逮捕されるか不安のある方は、刑事事件に特化した、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
北海道豊平警察署までの初回接見費用:34,500円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー