北海道岩見沢市で刑事事件 傷害罪で逮捕されるも弁護士が示談し不起訴

北海道岩見沢市で刑事事件 傷害罪で逮捕されるも弁護士が示談し不起訴

Aさんは、北海道岩見沢市にある駅のホームで、些細なことからVさんと口論になりました。
頭にきたAさんがVさんの右肩を強く押したところ、Vさんは仰向けに転倒しコンクリートに頭を打ちつけました。
Vさんは脳震盪を起こしたうえ、転倒した際に手をついた衝撃で右手首を骨折しました。
目撃者の通報により北海道岩見沢警察署の警察官が駆け付け、Aさんは傷害罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの妻から依頼を受けた弁護士はすぐさま示談交渉を行うことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【傷害罪について】

傷害罪については刑法204条に規定されており、その法定刑は15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
傷害罪の構成要件は人の身体を「傷害」することであり、「傷害」とは人の生理的機能を侵害する行為を指すとされています。
典型例として他人に怪我を負わせることが思い浮かびますが、その他にも,意識を失わせる、腹痛を生じさせるといった行為も傷害罪に当たります。
傷害の程度は様々なケースが考えられますが、ニュースなどでしばしば報道されているように逮捕される可能性は十分あります。

【被害者との示談について】

傷害罪逮捕された場合、まずは弁護士に依頼して被害者との示談を進めてもらうことが重要な弁護活動となるでしょう。
当事者のみで示談を行おうとすると、被害者が恐怖や怒りを感じており示談交渉に応じてもらえない、示談の内容が不当なものになるなどの事態が生じかねません。
弁護士を通して示談を行うことができれば、検察官が不起訴処分の判断を下し裁判に至らない可能性が高まります。
仮に不起訴処分にならなかったとしても、略式罰金手続により、正式な裁判を受けることなく、罰金を支払うことで済むこともあります。
また、正式裁判になったとしても、示談の有無は裁判官が量刑を決める際に被告人にとって有利な事情として考慮されます。
そのため、弁護士による示談刑事事件において極めて重要な意味を持ちます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、逮捕や勾留により身体を拘束されている方のご家族から連絡を受けて即座に接見に向かえる体制が整っています。
ご家族が傷害罪逮捕された、示談をしたい等のご相談がありましたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
北海道岩見沢警察署 初回接見費用:40,940円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー