北海道茅部郡の刑事事件 強制わいせつ罪で逮捕され不起訴を目指す弁護士

北海道茅部郡の強制わいせつ事件における不起訴について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務札幌支部の弁護士が解説します。

【事例】

北海道茅部郡在住のAさんは、長年交際していたVさんの浮気を理由に、Vさんに対して別れを切り出しました。
その場では同意したVさんでしたが、翌日友人と口裏を合わせ、北海道森警察署に「強制わいせつの被害に遭った」と相談しました。
間もなくして、Aさんは強制わいせつ罪の疑いで逮捕されたことから、弁護士に不起訴にしてほしいと依頼しました。
(上記事例はフィクションです)

【強制わいせつ罪について】

①暴行または脅迫を手段として②わいせつな行為をした場合、強制わいせつ罪が成立する可能性があります。
対象が13歳未満の者であれば、①の要件は不要となります。

強制わいせつ罪における「わいせつな行為」とは、裁判例によれば「いたずらに性欲を刺激または興奮させ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、もって善良な性的道義観念に反する行為」とされています。
典型例として、性器に指を入れる、胸を揉む、無理やりキスをするといった行為が挙げられます。

また、強制わいせつ罪における「暴行」は、必ずしもわいせつな行為とは別に行われる必要はないと考えられています。
そのため、典型的な暴行がなかったからといって、強制わいせつ罪の成立が否定されるとは限りません。。

【嫌疑不十分による不起訴】

上記事例では、Aさんが強制わいせつ罪という濡れ衣を着せられています。
この場合、弁護士としては嫌疑不十分による不起訴を目指すことが考えられます。

不起訴というのは様々な理由があり、よくあるのは示談の成立などによる起訴猶予です。
嫌疑不十分による不起訴を目指す場合は、起訴猶予を目指す場合と異なり、犯罪事実の存否自体を積極的に争っていくことになります。
そうして犯罪立証の見込みが低いと検察官が判断すれば、嫌疑不十分による不起訴として事件は終了するのです。
裁判で無罪を主張するよりも負担が少なくて済むため、無実を晴らすなら嫌疑不十分による不起訴は有力な選択肢と言えるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部弁護士は、刑事事件のプロとして、嫌疑不十分による不起訴を目指して充実した弁護活動を行います。
ご家族などが強制わいせつ罪の疑いで逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部にご相談ください。
北海道森警察署 初回接見費用:0120-631-881にお問い合わせください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー