北海道三笠市の万引き事件で逮捕 事後強盗罪も対応の刑事弁護士

北海道三笠市の万引き事件で逮捕 事後強盗罪も対応の刑事弁護士

Aさんが北海道三笠市内の家電量販店でモバイルバッテリーを万引きして逃走していたところ、Aさんを捕まえようと警備員Vさんが立ちはだかりました。
AさんはVさんを押しのけて走り去りましたが、後日、事後強盗罪の容疑で逮捕され、北海道岩見沢警察署三笠警察庁舎に留置されました。
(上記事例はフィクションです)

【事後強盗罪について】

事後強盗罪は、窃盗犯が一定の目的の下に暴行や脅迫を加えることで成立する犯罪で、強盗罪の処罰範囲を広げるものです。
事後強盗罪という名前にあるように、強盗と同一に扱われるため法定刑は強盗罪と同じく5年以上の懲役です。
事後強盗罪は、①逮捕を免れる、②物が取り返されるのを防ぐ、③証拠を隠滅するという目的のいずれかがなければ成立しません。
窃盗犯がこの①から③のいずれかを目的として暴行や脅迫を加えると事後強盗罪が成立することになるのです。
ただし、ここで言う暴行や脅迫は強盗罪のものと同様に相手方の反抗を抑圧するに足りる程度である必要があります。
ですので、相手が全く気にしない程度の軽微な暴行や脅迫であれば事後強盗罪が成立することにはなりません。

【窃盗罪から派生する重い犯罪】

このように、単に物を盗んだという場合には窃盗罪が成立するに過ぎませんが、後に暴行や脅迫が加わると事後強盗罪として罪が重くなります。
更に、暴行により相手が傷害を負ったり死亡したりしたとなると、強盗致死傷罪という極めて重い犯罪が成立します。
上記事例におけるAさんのように、一見軽く考えがちな万引きでも事後強盗罪や強盗致死傷罪という重大な結果につながるおそれがあります。
また、実際には窃盗罪や暴行罪のみが成立する場合でも、状況次第では事後強盗罪の疑いで逮捕や勾留がされることも十分ありえます。
いずれにせよ弁護士が示談や法的主張といった適切な対応をして処分を軽くするのが最善策と言えるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、事後強盗罪を含む多数の刑事事件に取り組んでまいりました。
豊富な経験を元に、依頼者の方のご希望に沿うべくいついかなるときもベストを尽くします。
ご家族が事後強盗罪逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
北海道岩見沢警察署三笠警察庁舎 初回接見費用:43,700円

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー