北海道の少年事件 強制わいせつ罪で逮捕されるも弁護士が少年院回避

北海道の少年事件 強制わいせつ罪で逮捕されるも弁護士が少年院回避

Aさん(15歳)は、北海道江差町内の公園にたびたび足を運び、そこで遊んでいる小学生の女児にわいせつな行為をしていました。
その現場を目撃した北海道江差警察署の警察官は、Aさんを強制わいせつ罪の疑いで現行犯逮捕しました。
そこで、Aさんの両親から「少年院に行くのだけは避けたい」と相談された弁護士は、少年院回避のための活動を行うことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【暴行や脅迫がなくても強制わいせつ罪に】

強制わいせつ罪は、性器に指を入れる、無理やりキスをする、胸を揉むといったわいせつな行為をした場合に成立する可能性のある罪です。
強制わいせつ罪に関する規定は、被害者が13歳以上の場合と13歳未満の場合とで決定的に異なる点があります。
それは、わいせつな行為の手段として暴行または脅迫が必要かどうかという点です。
被害者が13歳未満の場合、暴行または脅迫を用いずとも、わいせつな行為だけで強制わいせつ罪は成立するのです。
そのため、上記事例のAさんには、暴行や脅迫の有無を問わず強制わいせつ罪が成立すると考えられます。

【少年院回避のための弁護活動】

少年事件の審判において、少年の性格の矯正などを目指す何らかの措置が必要だと判断されると、その少年は保護処分に付されることになります。
保護処分には、①保護観察、②児童自立支援施設・児童養護施設送致、③少年院送致の3種類があります。
これらのうち③少年院送致については、少年院での収容生活を強いられる、世間のイメージが気になるなどの理由で、回避したいという意見が多いです。

少年院送致を回避するのであれば、収容生活をさせずとも少年の性格の矯正などが可能なことを、家庭裁判所にアピールする必要があります。
そのためには、少年の健全な育成を図るうえで重要な要素をきちんと把握し、その要素を的確に押さえなければなりません。
特に、事件の内容が重ければそれだけ少年院送致の可能性も高まるので、最善を尽くすならやはり少年事件に強い弁護士に依頼すべきでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件専門の弁護士少年院送致回避を目指して最適な活動を行います。
お子さんが強制わいせつ罪逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
北海道江差警察署 初回接見費用:0120-631-881までお電話ください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー