北海道北見市の刑事事件 無賃乗車をして詐欺罪で逮捕 弁護士に示談を依頼

北海道北見市の刑事事件 無賃乗車をして詐欺罪で逮捕 弁護士に示談を依頼

Aさんは、タクシー代を支払う意思がないにもかかわらず、「北海道北見市の方までお願いします」と言ってVタクシー会社のタクシーを利用しました。
目的地に到着したところで、「自宅にお金があるので取ってきます」と言ったAさんでしたが、運転手に無賃乗車だと見破られ、警察に通報されました。
Aさんは詐欺罪の疑いで北海道北見警察署に逮捕されたため、Aさんの両親は弁護士示談を依頼しました。
(上記事例はフィクションです)

【無賃乗車は詐欺罪に】

詐欺罪と聞くと、金銭などの形あるものを騙し取るケースを想像する方が多いかもしれません。
ですが、詐欺罪の対象となるのは、サービスの提供などの無形のものも含まれます。
その典型例は、上記事例で問題となっている無賃乗車です。

タクシーの無賃乗車は、①料金を支払う意思がないのを黙ってタクシーに乗ることで、②当然料金が支払われるものだと運転手に誤解を与え、③目的地までタクシーを運転してもらうという流れを辿ります。
この①から③の流れは、欺罔行為→相手方の錯誤→財産的利益の移転(および享受)という詐欺罪の成立要件を満たすことになります。
そのため、上記事例において、無賃乗車をしたAさんは詐欺罪に問われると考えられ、10年以下の懲役が科されるおそれがあります。

【会社との示談は弁護士に依頼】

無賃乗車も被害者が存在する犯罪なので、不起訴刑の減軽などを目指すためには示談が重要となります。
タクシーの無賃乗車の事案では、実質的に損害を被っているのがタクシー会社であることから、示談交渉の相手方はタクシー会社となることが大半です。
こうした会社との示談交渉は、弁護士が行わなければ示談交渉が難航するだけでなく、そもそも示談交渉を拒絶されることも少なくありません。
詐欺事件では示談が重要なカギを握っていることが殆どなので、特に会社を相手とする示談交渉弁護士に任せてください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、示談交渉の経験豊富な弁護士が、会社との示談交渉を円滑に行います。
ご家族などが無賃乗車をして逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事件総合法律事務所にご相談ください。
北海道北見警察署 初回接見費用:0120-631-881にお問い合わせください)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー