北海道帯広市の刑事事件 過失運転致傷事件で示談交渉なら弁護士へ

北海道帯広市の過失運転致傷事件における示談交渉について、弁護士法人あいち刑事総合法律事務札幌支部の弁護士が解説します。

【事例】

Aさんが北海道帯広市内を自動車で走行していたところ、左折する際に路上を歩いていたVさんにぶつかってしまいました。
Vさんは足の骨折などの怪我を負い、Aさんに対して怒りを抱いているようでした。
北海道帯広警察署から「過失運転致傷罪で捜査するから弁護士をつけた方がいい」と言われたAさんは、早速弁護士に相談し、示談交渉をお願いすることにしました。
(上記事例はフィクションです)

【過失運転致傷罪について】

自動車の運転中に過失によって人を傷害した場合、過失傷害罪の加重類型である過失運転致傷罪が成立する可能性が高いです。
過失傷害罪とは別に過失運転致傷罪が存在する理由は、自動車が他人の生命や身体を侵害する危険性が高いからとされています。
過失運転致傷罪における「過失」の例としては、前方不注視や減速の怠りなどが挙げられます。
上記事例のAさんの過失の例としては、確認不足でVさんの存在に気づかなかった、減速し切れていなかったなどの事情が考えられます。
Aさんに過失運転致傷罪が成立するのであれば、7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金が科されることになります。

【過失運転致傷罪における示談】

過失運転致傷事件を起こしてしまった場合、重要なのはやはり被害者と示談を行うことです。
示談を行えば、被害弁償をしたことが示せるだけでなく、場合によっては被害者の処罰感情が弱いこともアピールできます。
そのような内容の示談は、処分の軽減に大きく貢献する可能性が高いと言えます。

ここで注意したいのは、加害者が被害者と直接示談交渉をするのは決して簡単ではないという点です。
加害者やその家族が示談するとなると、被害者の感情を逆なでしたり、適切な内容の示談を行えなかったりするリスクがあります。
示談をきちんと締結できなければ、過失運転致傷罪により厳しい処分が見込まれることになります。
示談を行うのであれば、事件の第三者であり示談の経験が豊富な弁護士に依頼するのが最善の策でしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部では、これまで様々な事件において示談交渉を行ってまいりました。
過失運転致傷事件においても、最適な示談を締結できるよう全力で当たらせていただきます。
過失運転致傷事件示談を行いたい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所札幌支部にご相談ください。
初回の法律相談は無料です)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【札幌支部】〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目3-14 敷島プラザビル5階
 最寄り駅 JR、地下鉄札幌駅徒歩7分、地下鉄大通り駅徒歩4分

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー